高血圧になる数値とは?

高血圧は血圧の値を見て判断する病気です。
では高血圧の判断基準としてはどういった数値が用いられるのかというと、ボーダーラインになるのは最高血圧140~159mmHg、最低血圧が90~99mmHgです。
このボーダーラインの範囲内にあるのであれば、その人は「高血圧ではあるものの軽度な状況」としてグレード1に分類されます。
これよりも少し数値が高くなり、最高血圧160~179mmHg、最低血圧100~109mmHgで中程度のグレード2、最高血圧が180mmHg以上で最低血圧も110mmHg以上となってくると重症のグレード3となります。
ただグレード1に到達していないから安心なのかと言われるとそうではなく、最高血圧130~139mmHg、最低血圧85~89mmHgの範囲内にある場合は「正常高値血圧」となり、今後血圧管理が必要だと判断されるようになります。
従って血圧に関しては最高血圧で130未満、最低血圧で85未満というのが最も好ましい値であるということになるわけです。
ただある一日だけ基準値を超えたという場合であっても、それはその日の体調に左右されている可能性がありますので断定をすることはできません。
その後数日間継続して血圧値を測って、常に基準を超えているのであれば病院で検査を受けるのがベストです。
また自分の血圧の数値がどういった分類になるにせよ、正常高値血圧を超えているのであれば状況に応じて病院に行って治療をしてもらうように心がけましょう。
こうした血圧に関しては健康診断で毎回チェックしてもらうことが出来ますし、健康診断以外では血圧計を使えば簡単に判断できるようになっています。
血圧計もそこまで高価な品物ではありませんから、一つ家に置いておいて日常の健康管理に役立てると良いでしょう。

生活習慣の乱れから高血圧に

高血圧は、数ある病気の中で最も自覚症状が無いと言われています。
自覚症状が無いまま悪化し続け、ある日突然命を落としたり、合併症が引き起こされるのです。
そのため、健康診断などで高血圧という診断を受けた際には、具体的な症状と生じる可能性のある合併症について理解しておく必要があります。
最も自覚症状が無いと言われているものの、全く前兆が無いわけではありません。
注意深く観察していると、わずかな変化に気付くことができると言われています。
最も有名なのが、耳鳴りをはじめ頭痛や痺れ、肩こりや目眩が挙げられます。
加えて、動悸や胸痛、むくみや呼吸困難に見舞われる恐れもあります。
呼吸困難や動悸、むくみや胸痛が生じた時には、かなり症状が進んでいると考えて間違いありません。
しかし、注意点があります。
それは、これらの症状が高血圧が起因となる症状ではなく、高血圧により生じた病気ということです。
つまり、高血圧になった時点で、高血圧の恐ろしさと共に合併症の恐ろしさにも見舞われることになるのです。
引き起こされる合併症には複数あります。
こうした合併症が引き起こされてしまうのは、血管に通常よりも圧力がかかってしまうためです。
高血圧になると、血管が著しく硬化してしまいます。
硬化した血管に血液を流すということは、心臓に大きな負担をかけることになります。
負担を感じた心臓というのは、鍛えられて筋肉が強く大きくなります。
鍛えられて大きくなった心臓は、心肥大という病気に陥ってしまい、心室性不整脈や心筋梗塞、狭心症といった重病に見舞われるリスクが極めて高くなります。
また、脳の血管も硬くなるので、脳梗塞に陥るリスクも高まることを覚えておきましょう。

高齢だからといって高血圧になるわけではない

高血圧は血管に常に高い負担がかかっている状態のことです。
血液が絶え間なく流れている血管は、当然、年齢を重ねると少しずつ劣化していきます。
劣化した血管は、そうでない血管に比べると血圧を受けやすいので、そう言った意味では年齢を重ねると高血圧になりやすいと言うことができます。
しかしこれはあくまでも傾向の話であって、年齢を重ねたから、高齢になったからと言って必ずしも高血圧になると言うわけではありません。
むしろ最近では、若い人、20代や30代の人でも、この状態になる人が増えてきています。
高血圧は、現在では生活習慣病のひとつに該当しています。
つまりこの状態になる原因は年齢を重ねることではなく、生活習慣によるところが大きいと言うのが常識となっていると言うわけです。
たとえば、塩分の多い食生活を続けていると高血圧になることは明らかになっていますし、喫煙習慣や過度な飲酒の習慣がある場合も同様です。
そしてこうした生活習慣を続けていて、仮に若い時に高血圧を発症しなかったとしても、血管に対するダメージは確実に蓄積されています。
すると、そうした人は、こうした生活習慣を持っていない人に比べれば、年齢を重ねた時になって、そのダメージが高血圧となって表面化してくることも少なくありません。
またそれだけでなく、いきなり血管が破れてしまい脳血管疾患が引き起こされたり、血管が詰まって動脈硬化が引き起こされてしまうことも可能性としては十分に考えられることです。
ですから、高血圧を年齢のせいにしてしまうのは避けなければならないことです。
先述したように、これは生活習慣病のひとつですから、それらに気をつけることで若い人でも、年齢を重ねた人でも、予防することは十分に可能です。
よって各自で、しっかりと健康維持に努める必要があります。